横浜市のSHオートによる車売却のメリットと手数料

横浜市にあるSHオートという業者で車を売る時には、手数料は発生します。この業者には様々な手数料がありますが、その1つに代行手数料があります
オートオークションを通じての売却になりますので、成約が発生した時には会場に対して料金を支払わなければなりません。その都合で、車の売り手としても手数料を支払う必要があるのですね。

 

パーセンテージ制のオートオークションの手数料のメリット

 

ところでオートオークションの代行業者の手数料は、主に2つのパターンがあります。一律料金が発生するパターンと、落札額に応じて手数料が変動するパターンです
例えば前者ですが、一律5万円と設定されているとしましょう。そして後者ですが、パーセンテージが5%になっているとします。そしてある時に、オートオークションを通じて30万円の落札が成立したとします。
このような時には、後者の方がお得になりますね。前者の場合は5万円を支払う必要がありますが、後者の場合は30万円に対する3%ですので9,000円で済むからです。ちょっと極端な例ですが、5万円と9,000円では大きな違いですね

 

顧客負担が少なくなる手数料体系

 

ところでSHオートという業者が採用している手数料なのですが、概ね後者のようなパターンになります。厳密に申し上げれば少々異なる計算方法になるのですが、落札金額が少ない時には車の売り手に対する負担が少なくなるようになっています。ですので一律制に比べれば、SHオートの手数料はとてもお得だと解釈できますね。
またこの業者の場合は、その手数料にも上限が決まっているのだそうです。現時点では、上限は5万円前後です。ですので車が高く売れた時などは、却ってお得になる事もあります。
このようにオートオークションの代行業者としては手数料が比較的リーズナブルなのが、SHオートの特徴の1つです。