SHオートでの車売却で発生する2種類の費用

横浜市のSHオートという業者を通じて車を売るとなると、手数料は発生します。無料ではありません。この業者による手数料には、主に2つあります。成約した時に発生する手数料と、流札になっても発生する手数料です

 

成約時に発生する料金とその特徴

 

まず前者のタイプの手数料ですが、いわゆる代行手数料ですね。この業者による手数料は、車の落札金額によって異なってくるようです。基本的にはパーセンテージ制によって、金額が算出されるシステムになります。ですので落札金額が低めな車などは、顧客に対する負担は少々少なめになります
ただしそのパーセンテージには上限も決まっていますので、かなり車が高く売れた時などは、顧客の手元に多くの金額が渡る事もあります。
またオークションの会場に対して支払う、成約料金もあります。それも状況に応じて、数字が異なってくるようですね。

 

落札されなくてもかかる主な費用

 

それと落札されたか否かにかかわらず、必ず発生する料金が幾つかあります。かなり種類が色々あるのですが、まずオークションの会場に出品をするための料金ですね。基本的には3,000円以上になります。状況によって、もう少し高くなる事もあるようです。
それと陸送料金ですね。SHオートと提携している業者を通じて会場に車を運搬した時に発生する料金ですが、それも距離などに応じて異なってくるようです。
それともう1つが少々特殊なのですが、清掃料金があります。オートオークションに対して車を出品する時には、清潔感は重視されます。このため顧客によっては、車の清掃を代行して欲しいという依頼が発生する場合があります。その時の清掃料金があるのですが、最低1,000円からだそうです。清掃の手間が省ける事を考えると、ちょっと料金を支払ってSHオートに清掃をお願いするのも1つの方法ですね
以上がSHオートで車を売る時にかかる主な費用ですが、上記の数字は現時点でのものです。今後の状況次第では、その数字が変化する可能性はあります。