車の買取金額を大きく左右する経年劣化

形ある物には、限界があります。何かの物を長く用いていれば、やはり色々とダメージが発生します。それでだんだんと傷などが付いていき、いつか限界を迎えるものなのですね。

 

いわゆる経年劣化です。不動産の業界などでは、その言葉が用いられる事もよくありますね。

 

経年劣化に伴い車の金額が下がる

 

ところで車の売却額というのは、実は経年劣化と大きな関係があります。というのも車の金額は、年数が経過するにつれて低くなる傾向があるのです。

 

例えば3年前に販売されている車の場合は、80万円だとしましょう。それに対して5年前に販売された車の場合、60万円台などの具合です。ちなみにどちらも同じ車だとします。

 

参考サイト
ラパン買取

 

なぜそのような事が起きるかというと、もちろん経年劣化ですね。長く車を用いていれば、やはりダメージなどが発生している事が多いと考えられるからです。実際ダメージはあるのですが。特に10年前に販売されている車などは、かなりダメージを受けていると考えられています。ダメージの度合いが大きければ、やはり車の売却額は下がる傾向があります

 

車査定の基準の中で一番重要な経年劣化

 

そして経年劣化の要素は、車査定の数ある基準の中でもかなり上位と言われています。査定の基準には色々あって、車の清潔感や走行距離やパーツなどがあるのです。その中で車の清潔感はあまり重要ではなく、むしろ年式や走行距離の方が重要度が高いと言われています。年式は一番重要なのですね。

 

そして年式というのは、もちろん車の経年劣化に結びついています。10年落ちの車は買取金額は低くなる事が多いですが、それもやはり劣化が原因です

 

基本的に自動車は、あまり大きく劣化していないタイプがお店で高く買い取ってもらえると考えて良いでしょう。